八田建設 会社概要

八田建設株式会社
about us

会社名 八田建設株式会社
本社 〒520-1121 滋賀県高島市勝野202-3
TEL 0740-36-1208
FAX 0740-36-1564
湖南営業所 〒524-0022 滋賀県守山市守山6丁目14-1
TEL 077-583-7963
FAX 077-583-7964
滋賀県知事登録許可番号 一級建築設計事務所 第398号
建設業(特) 第80122号
資本金 4,500万円
業務内容 建築・土木公共工事、建築・土木一般民間工事、Yess建築工事、一般リフォーム工事、不動産業ほか
沿革

  • 高島市武曽横山において創業

  • 「建設業者登録」を取得

  • 資本金1,000万円で「八田建設株式会社」を設立

  • 資本金2,000万円に増資

  • 法改正に伴い「建設業許可」を取得

  • 本社を高島市勝野に移転

  • 資本金3,000万円に増資

  • 資本金4,500万円に増資

  • 「YESS建築」(横河システム建築)ビルダー加盟

  • 子会社「有限会社藤丸」を設立

  • 品質システム「ISO9002」を認証取得

  • 県道花壇清掃管理活動「美知メセナ」を開始

  • 守山市に「湖南営業所」を開設

  • 環境経営システム「エコアクション21」を認証取得

  • 「白ひげ浜水泳・キャンプ場」運営開始(子会社事業)

  • 「BCP(事業継続計画)」認証登録

  • 「しが炭素基金」に参加

  • 「見張台太陽光発電所」運用開始(子会社事業)

  • 環境貢献型公共工事を目指す「CESA」に参加
旧武曽学校

指定文化財
旧武曽学校
(高島市武曽横山)
1887年 当社建築

鴨川の上流、高島市武曽横山の万年橋から、朽木村への旧街道が西へ延びる。橋近くの小さな集落に入ると、高台に大きく枝を茂らせたタブとクスノキの巨木が目に入ってきた。重厚な造りの建物が、巨木と歴史を競い合うようにたたずんでいる。建物は、もともと旧武曽村が1876年に創立した武曽学校の校舎で、78年の建築。町村合併で88年に別の村の学校に統合され、校舎としての命は十年と短かった。今は「武曽会議所」の名になり、集会や娯楽の場に活用されている。建物からせり出した玄関の屋根は、中央が甲羅のように盛り上がっている。江戸時代に社寺建築に広く用いられた唐破風造り。建物は二階より一階の天井が高く、外から見ると、一階の窓が随分と高く見える。こうした腰高な外観は、洋風建築の影響といわれる。第二次世界大戦中、疎開先の施設として改築されるまで、二階屋根の中央から三階の鼓楼が突き出ていた。名称から、太鼓をたたいて時を知らせた施設とみられ、高台にあることもあって琵琶湖まで一望できたという。戦時中に内部が改修されたが、梁や通し柱の太い木材は今も健在。建設時、地域の役員と大工が住民の持ち山に入り、良い木だけを選んで無償で提供させたとのエピソードも残る。指定文化財。1998年発売近くの近畿宝くじの図柄にも使われた。

本社

〒520-1121
滋賀県高島市勝野202-3

湖南営業所

〒524-0022
滋賀県守山市守山6丁目14-1